マンションと火災保険

住宅を守るための保険

マンションで保険に加入する意味

賃貸マンションに住んでいる方は、契約時に火災保険に加入することが義務付けられている場合もあるでしょう。これは集合住宅である為、火災が起きた際一世帯の問題ではなくなるからです。マンション全体の損害を負担するのは大変な事なので、加入する必要があると言えます。また、マンションによっては住宅総合保険の加入を勧めるところもあるでしょう。こういったものは本当に必要なのか、加入しなくてもいいのではないかという声も少なくないのですが、メリットの方が多く安心して日々の生活を円滑に送ることにも繋がってくるので加入した方が賢い選択でしょう。

火災にあってしまった場合

住宅総合保険は、かつて「住宅総合」ではなく「住宅火災」が一般的でした。従来のこのオーソドックスな補償内容にさらに様々なリスクへの補償を追加した商品が「住宅総合」です。従来も、いわゆる火災のリスク以外に落雷被害、爆発や破裂、風災の被害なども補償の対象となっていました。そこへさらに飛来物や落下物など外来物による損害や水漏れ被害、盗難による損害などへの補償が追加されました。もちろん、それに伴ってコストも上がります。「火災」と「総合」の違いは、パンフレットなどを見ると補償内容に丸バツをつけた一覧表になっている事が多いので、加入の前にご自身に必要な保険を十分に検討しましょう。

保険の内容と適用の情報